三浦春馬の上手い歌とダンス動画6つを紹介!歌手デビューした理由は?

タイトル

人気俳優の三浦春馬さんが主演のドラマ「TWO WEEKS」の主題歌『Fight for your heart』で、三浦春馬さん自身が歌手デビューされたことが話題になっています。

これまでにも、ミュージカルや番組企画などで歌声やダンスを披露されてきた三浦春馬さん。

今回は、そんな三浦春馬さんの「上手すぎる」歌とダンスの動画6作品と、なぜ歌手デビューしたのかについて紹介します!

スポンサーリンク

三浦春馬の歌とダンスが上手すぎる『Fight for your heart』動画

Haruma-Miura-1st-single-Fight-for-your-heart

まずは、今回話題になった三浦春馬さんのデビュー曲『Fight for your heart』を紹介します。

2019年7月24日放送の「 FNSうたの夏まつり2019」での映像です。

驚きなのが、この映像は「生歌」なんですよね。

激しいダンスを踊りながら口パクするアーティストが多くいる中、三浦春馬さんは後に紹介するミュージカルで培った声量で安定感のある歌声を披露されました。

歌唱力だけでなく、アドリブも交えたコンテンポラリーダンスも色気があって素敵ですよね。

こちらは、『Fight for your heart』のMusic Videoです。

 

曲名の『Fight for your heart』は「あなたの心のために戦う」という意味で、これは三浦春馬さん主演のドラマ「TWO WEEKS」のストーリーに合わせて書かれた曲なのだそうです。

ドラマのあらすじが気になる方はこちらです。(ドラマ公式ページに飛びます。)

スポンサーリンク

歌とダンスが上手い三浦春馬が女装?!ミュージカル『キンキーブーツ』動画

キンキブーツ

ブロードウェイの名作ミュージカル『キンキーブーツ(Kinky Boots)』の日本版で、小池徹平さんとW主演された三浦春馬さん。

三浦春馬さんが演じるのは、ドラァグクイーンのローラ役で、身体を鍛えて女装を演じきり、第24回 読売演劇大賞の杉村春子賞を受賞されているようです。

こちらは歌やダンス映像ではありませんが、「ドラァグクイーンのローラ」がどんなキャラクターかが分かる動画ですので、興味のある方は見てみてください。
歌とダンスが見たい方は飛ばして次に進んでください。

それでは、三浦春馬さんの上手すぎる歌とダンスの動画2つ目を紹介します!

こちらは、『キンキブーツ』の舞台稽古映像になります。

歌唱力やダンスももちろんすごいですが、男性である三浦春馬さんが、慣れないはずのピンヒールでここまで踊れることが凄すぎると感じますよね。見た感じ、10cmはありそうなヒールですね。

続いての動画は『キンキブーツ』のゲネプロダイジェスト版です。

ミュージカル『キンキーブーツ』に出演することが決まった三浦春馬さんは、NYに渡り、シンディ・ローパーのボイストレーナーから直々にレッスンも受けたようです。

この役で培った歌唱力やパワフルな安定感が、新曲『Fight for your heart』に発揮されていたので、生歌でも高いパフォーマンスが披露できたのですね!

スポンサーリンク

三浦春馬の上手すぎる歌声に注目した動画を紹介

三浦春馬

ここからは三浦春馬さんの歌声に注目して動画を紹介していきます。

「TOWNWORK」のCMに主演時の三浦春馬の歌声

一時期、地上波でよく耳にしたこのフレーズ、実は三浦春馬さんも歌っていました!

当時このCMを見ていた私は、完全に「口パク」だと思っていました(笑)

舞台『地獄のオルフェウス』公開稽古での三浦春馬の歌声

こちらは2015年に公開されていた舞台『地獄のオルフェウス』でのワンシーン。

ギター片手に歌う三浦春馬さんに酔いしれてください。

武道館で歌声を披露した三浦春馬

2012年に武道館で開催されたチャリティコンサート「Act Against AIDS 2012」での三浦春馬さん。

ご自身が出演されたドラマ「14才の母」の主題歌『しるし』を熱唱されました。

桑田佳祐の『白い恋人達』を熱唱する三浦春馬

こちらは桑田佳祐さんの「白い恋人達」を熱唱する三浦春馬さん。

バラードもお手の物です。

https://twitter.com/m______4me/status/1154053034751586305

三浦春馬が歌手デビューした理由は?

三浦春馬2

今まで、高い歌唱力を評価されてきた三浦春馬さんが、なぜこのタイミングで歌手デビューすることになったのでしょうか?

調べてみると、『キンキブーツ』や舞台の出演が増えてくるにあたり、三浦春馬さん自身に心境の変化があったようです。

産経新聞のインタビューから考えてみると、

年を重ねるにつれ、いただける役の幅が広がり、任せてもらえるようになった。
特に舞台でとっさの判断力や気持ちで作り込むといった論理的、効果的な動きを教えてもらった

こちらは、『キンキブーツ』の出演が決まり、NYでシンディ・ローパーのボイストレーナーから直々にレッスンを受けてから感じられたようです。

また、歌手デビューの話は以前からあったようですが、避けていたと語る三浦春馬さん。

CDを出すのは避けていたが、ここのところ仕事への見方や感じ方が変わってきた。
一つの商品を多くの人に見て、聞いてもらって届けたいという気持ちが強くなった。

幅広い役柄を演じる中で、考え方が変わってCDデビューを決意されたのですね。

役者としても、歌手としてもメキメキと成長されている様子がよく分かります。

そして、ご自身が主演のドラマ「TWO WEEKS」の主題歌『Fight for your heart』でデビューし、主役を演じるにあたっては、

本当に光栄。熱い、強いものに突き進んでいく内容なので、楽曲の力を感じながら演じたい

というように、ドラマに対しても役者として変わらず熱い意気込みも語っておられました。

スポンサーリンク

まとめ~三浦春馬さんの歌やダンスに対してTwitterでは~

三浦春馬3

https://twitter.com/yuyakotorihiki/status/1154160224091029505

https://twitter.com/yukiko_aloha/status/1154150569897951232

というように、三浦春馬さんの歌やダンスについて、賛称の声が多く上がっています。

今後も、三浦春馬さんの役者や歌手としての活躍に注目していきたいと思います!

スポンサーリンク