スノストはどちらが人気?CD売上数やファンクラブ人数ではSixTONESが優勢?

スノスト どちらが人気 画像8

2020年1月21日に同時デビューを飾ったSixTONES(ストーンズ)とSnowMan(スノーマン)。

実際のところどちらが人気なのか気になりますよね。

今回は、SixTONES(ストーンズ)とSnowMan(スノーマン)どちらが人気なのかについて、

  • デビューCD売上枚数
  • FC会員数
  • YouTube登録数

の数字で徹底検証してみました。

ラウールの発言が炎上!チリ、ドミノ倒し、特典動画での失言内容とは?

2020.01.31
スポンサーリンク

<CD売上数>SixTONESとSnowManはどちらが人気?

スノスト どちらが人気 画像7引用元:https://musiclog-hi.com/

まずは、SixTONESとSnowManのデビューCDの売上枚数でどちらが人気なのか見ていきましょう。

SixTONES 『Imitation Rain』のCD売上数は?

スノスト どちらが人気 画像
https://www.sixtones.jp/

まずは、SixTONES (ストーンズ)『Imitation Rain 』のCD売上数について。

SixTONES(ストーンズ)はYOSHIKIさんが作曲をしたバラードソングにかっこいいダンスを合わせています。

デビュー初日の1月21日から23日までのSixTONESのり上げ枚数は

  • 586,350枚

のようです。

3日間でこんなに多くの枚数を売り上げるSixTONES、とてもすごいですね!

SnowMan『D.D.』のCD売上数は?

スノスト どちらが人気 画像2https://avex.jp/

続いては、SnowMan(スノーマン)『D.D. 』のCD売上数です。

SnowMan(スノーマン)はリズミカルな曲にアクロバティックなダンスを合わせています。

SixTONESと同様の期間、デビュー初日の1月21日から23日までのSnowManのり上げ枚数は

  • 569,152枚

のようです。

CD売上枚数はSixTONESが人気!?

デビューCDの売り上げ枚数で見ると、

  • SixTONES(ストーンズ):586,350枚
  • SnowMan(スノーマン):569,152枚

ということで、SixTONESの方が上回っています

一方で、「SnowMan(スノーマン)の方がアップテンポで好き!」という声もあがっているようですね。

同時にデビューしたSixTONES(ストーンズ)とSnowMan(スノーマン)。

2つのグループのCD総売り上げ枚数が100万枚を上回っているのもジャニーズの策略なのでしょうか…!

(CDの売り上げ枚数はBillboard JAPANシングルセールス集計速報から引用)

スポンサーリンク

<ファンクラブ会員数>SixTONESとSnowManはどちらが人気?

続いては、SixTONESとSnowManのファンクラブ会員数でどちらが人気なのか見ていきましょう。

SixTONESのファンクラブ会員数は?

スノスト どちらが人気 画像4引用元:https://www.google.co.jp/

SixTONES(ストーンズ)のファンクラブ会員数

  • 18.6万人

という結果が判明しました。

デビューから間もないのに、かなり大多数の方がファンクラブに入会しているようです。

SixTONES(ストーンズ)の人気が伺えます。

SnowManのファンクラブ会員数は?

スノスト どちらが人気 画像5https://aokiin.com/

一方で、SnowMan(スノーマン)のファンクラブ会員数は

  • 14.3万人

という結果です。

こちらもかなりの人数がファンクラブに入会しています。

ファンクラブ会員数でもSixTONESが人気!?

ファンクラブ会員数で見ても、

  • SixTONES(ストーンズ):18.6万人
  • SnowMan(スノーマン):14.3万人

ということで、SnowMan(スノーマン)がSixTONES(ストーンズ)に微差で劣ります

どちらのグループも今後の活躍から目が離せません!

スポンサーリンク

<YouTube>SixTONESとSnowManはどちらが人気?

スノスト どちらが人気 画像8引用元:セブンCM

続いては、デビュー前から公開されているYouTubeのデータで人気を比較してみます。

MV動画再生回数で人気を比較!

YouTubeに公開されたデビュー曲のMV動画の再生回数で人気を比較してみましょう。

(この記事の最初に紹介した動画です。)

調べた結果、2020年2月15日の時点で

  • SixTONES:12,727,540 回
  • SnowMan:13,632,174 回

という結果で、SnowMan(スノーマン)がSixTONES(ストーンズ)を上回っています!!

チャンネル登録者数で人気を比較!

次はチャンネル登録者数の比較をしてみました。

2020年2月15日の時点でチャンネル登録者数は

スノスト どちらが人気 チャンネル登録引用元:YouTube

  • SixTONES:55.9万人

スノスト どちらが人気 チャンネル登録者2
引用元:YouTube

  • SnowMan: 46.4万人

こちらは微差でSixTONES(ストーンズ)が上回っていますが、
この数は先ほどのファンクラブ会員数とリンクしている部分があるのでは?と考えられます。

YouTubeではSnowManが人気!?

チャンネル登録者数では微差でSixTONES(ストーンズ)が上回っていましたが、
単純なMV動画再生回数はSnowMan(スノーマン)がSixTONES(ストーンズ)を上回っていました。

これは、

SnowManのファンではないけど、気になる…!

という一般的な人気があるからなのかと思われます。

SnowManメンバーの身長順ランキング!一番筋肉がすごいのは?

2020.01.19
スポンサーリンク

<まとめ>SixTONESとSnowManの人気はSixTONESが優勢?

スノスト どちらが人気 画像6
引用元:https://hochi.news/

今回、SixTONES(ストーンズ)とSnowMan(スノーマン)はどちらが人気なのか調べてみると、

  • デビューCD売り上げ:SixTONES
  • ファンクラブ会員数:SixTONES
  • YouTube:SnowMan

という結果がわかりました。

今のところは、SixTONES(ストーンズ)の方が数字は上で優勢のようです。

しかし、ファン以外の人気も考えると、SnowMan(スノーマン)も負けていません。

SixTONES(ストーンズ)のバラードも人気が出そうですし、SixTONES(ストーンズ)アップテンポな曲もどんどんファンが増えそうな予感です。

これからますます目が離せませんね。

SnowMan(スノーマン)がブサイク?決め顔とブス顔の画像で検証!

2020.01.19
スポンサーリンク