清水翔太の現在の活動は?ライブやプロデュース、YouTubeもやっていた!

清水翔太 現在 活動 画像

若い世代に限らず幅広い人気を誇るR&Bシンガー清水翔太さん。

数々のヒット曲で知られていますが現在の活動が再度話題になっています。

今回はそんな清水翔太さんの現在について

  • 過去の苦悩~心境の変化
  • YouTubeでの動画が話題
  • プロデュース業まとめ

を紹介します。

スポンサーリンク

過去の苦悩|清水翔太の現在の活動に至るまで

清水翔太 現在 活動 画像

2008年に「HOME」でメジャーデビューし「君が好き」など様々な名曲を持つ清水翔太さん。

中でも「Love Forever」含む加藤ミリヤさんとのコラボ楽曲は若者の等身大な恋愛観が話題となりました。

清水翔太 現在 活動 画像

このように清水翔太さんと言えばラブソングの印象が強くありますが近年その作風は徐々に変化を遂げているのです。

現在の活動は過去の苦悩から?

転換点といえるのが2016年発売のアルバムにあったそうです。

若い頃の苦悩を清水翔太さんが語るインタビューがこちら。

そもそも僕は「歌は上手いけど、曲は良くない」とか「歌詞が子どもっぽい」とか、そういうことをすごく周囲から言われてきたんですよ。

それに対して「でも俺、好きなこと書けてないし」と思いながらも、そんなことを言うわけにはいかない…、っていう悔しさがすごくあったんですよ。

引用元:ライブドアニュース

デビューしてすぐに注目を浴び順風満帆に見えた清水翔太さん。

しかし大ヒットの裏にあった辛辣な意見に悩み、悔しい想いを抱いていたのですね。

清水翔太 現在 活動 画像

そして「好きなことを書けていない」という部分をより詳しく語る様子がこちら。

今だから言えることですけど、当時「愛してるよ」とか「君を守る」みたいな言葉が羅列された紙を渡されて「このワードを必ず入れてね」って言われて、それが全部入っているような歌詞を書いていたんです。

それに対して「こういうことをやっていて、自分がシンガー・ソングライターである必要ってあるのかな?」っていう葛藤もあったし、実際にそういう歌詞を書いて“作詞:清水翔太”として世に出すと「浅いよね」「薄いよね」と酷評されるんですよ。

引用元:ライブドアニュース

与えられた範囲の中でも自分らしさを出そうと挑戦し、昔の曲を今でも愛おしく思うと語る清水翔太さん。

しかし苦悩や葛藤が絶えなかった様子がうかがえますね。

清水翔太 現在 活動 画像

そんな世間の声を受け、

自分の作るクリエイティブ、歌詞や曲も全部含めて「いい曲だね」と思われたい

と強く思うようになった清水翔太さん。

22ndシングル「My Boo」はそんな思いを詰め込んで自分のやりたい音楽を追求し作成。

ラブソング枠をキープしつつも一人称がこれまでの「僕」から「俺」に変わり男らしいストレートな歌詞で新たなファンを獲得したのです。

スポンサーリンク

勢力的にライブを開催

過去の苦悩をバネに現在は自分をさらけ出して楽曲制作に励む清水翔太さん。

ライブ活動も勢力的に行っており、2019年には17都市25公演のワンマンツアーも開催。

清水翔太 現在 活動 ライブ 画像

そしてわずか2ヶ月後の2020年2月には自身のバースデーライブを開催。

加藤ミリヤさんや青山テルマさんなども参加し全6公演を大盛況の元完走しました。

清水翔太 現在 活動 ライブ 画像

その後は新型コロナウイルスの影響を受け中止や延期が相次いで起こる自体に。

しかし2020年11月にようやく清水翔太さんのライブが開催決定!

日本武道館にて11月13~14日「SHOTA SHIMIZU BUDOKAN LIVE 2020」が開催されます。

自分らしさを追求した現在の清水翔太さんの楽曲をぜひ生で堪能したいですね!

スポンサーリンク

動画|清水翔太は現在YouTubeでも活躍

清水翔太 現在 YouTube 画像

リリースする楽曲だけでなく様々な面で変化を遂げた清水翔太さんの現在の活動。

その中で特に話題を集めているのがYouTubeでの配信です。

話題の楽曲をハイクオリティに再構築しカバーする「つくってみた動画」が大人気。

ピコ太郎「PPAP」

清水翔太さんがメロディーからアレンジまで再構築したPPAPの動画がこちら。

再生数220万回超えという大きな話題を生みました。

原曲とは全く異なる雰囲気や清水翔太さんのキレイな歌声に驚きの声が続出しました。

E-Gilrs「Follow Me」

続いてもアップテンポなE-Gilrsの曲をメロウにアレンジした様子がこちら。

音楽番組MCを務めていたE-GirlsのAmiさんの前でサプライズ披露もしたというこちらのアレンジ。

SNSでも清水翔太さんの才能にべた褒めの投稿が相次ぎました。

クマムシ「あったかいんだからぁ」

こちらでは芸人クマムシの「あったかいんだからぁ」をカバーした様子がアップされています。

音楽の楽しさを視聴者に伝えながら清水翔太さん自身も楽しみ、音楽スキルを高めていっている様子が伝わります。

2015年~2016年にかけてYouTube内で不定期配信されていた「つくってみた動画」。

近年アップされず嘆くファンも多くいる中2020年7月に清水翔太さんがTwitterにあげた楽曲がこちら。

コロナ渦によるステイホームの様子を曲にした清水翔太さん。

良い曲なのに詩が面白すぎる!と絶賛コメントが殺到しました。

清水翔太 現在 YouTube 画像

高いクオリティーの中にも遊び心が詰まっている清水翔太さんのYouTubeやSNSでの投稿。

作成動画を待ち望むファンも多いので今後また新作が配信されるのが楽しみです。

スポンサーリンク

依頼殺到|清水翔太の現在はプロデュース業でも大忙し

清水翔太 現在 活動 画像

自分らしさを追求し常に前進し続けている清水翔太さん。

その活動の幅は現在プロデュース業にまで広がりをみせています。

清水翔太さんが他アーティストをプロデュースした楽曲を紹介します。

清水翔太プロデュース① GIRLFRIEND

4人組ガールズバンドのGIRLFRIEND

清水翔太 現在 プロデュース 画像

かつて同じ音楽スクールで学び先輩・後輩の間柄だった5人。

当時小学生だったGIRLFRIENDのメンバーにとって清水翔太さんは憧れの存在だったようです。

そんな彼女達へ楽曲提供した「それだけ。」の動画がこちら。

一途な思いが詰まったラブソングとなっています。

歌詞の世界観や雰囲気のあるバラード調が絶妙にシンクロした楽曲に仕上がっていると高評価を受けました。

清水翔太プロデュース② TEE

TEEさんが”リスペクトするアーティストにプロデュースしてもらう”をコンセプトに作成されたアルバムが2019年9月に発売。

その楽曲のひとつを清水翔太さんが担当しました。

「片方の未来(produced by清水翔太)」の動画がこちら。

プロデュースした楽曲について清水翔太さんは、

途中から渡すのがもったいない自分で歌いたかった

引用元:spice

と語るほど満足のいく楽曲に仕上がったそうです。

清水翔太 現在 プロデュース 画像

清水翔太さんの思い描く世界観にTEEさんの甘い歌声がマッチしていて、代表曲「ベイビーアイラブユー」を超える極上のラブソングが完成したとも語っていました。

スポンサーリンク

清水翔太プロデュース③ 瑛人

「香水」が大ヒットした瑛人さんが2020年7月のスッキリに出演。

清水翔太 現在 プロデュース 画像

その際以前から大ファンだと公言する清水翔太さんからサプライズコメントが。

香水を歌ってみて、頭からサビが離れない

こんなメロディを作れるのはすごい才能。

ぜひコラボしましょう

引用元:ライブドアニュース

瑛人さんは興奮と驚きで言葉を詰まらせながらも感謝の気持ちを伝えていました。

SNSでも二人のコラボレーションへの期待の声が多くあがっていました。

清水翔太 現在 プロデュース 画像

以前から似ていると話題の瑛人さんと清水翔太さん。

コラボレーションやプロデュースも時間の問題かもしれませんね。

清水翔太プロデュース④ オーディション審査委員長

ソニーミュージックが次世代のエンターテインメント創生を目指しオーディション『ONE in a Billion』を実施。

2020年8月にスタートした新シーズンの審査委員長として清水翔太さんを起用しました。

コロナ禍で夢を諦めそうになっている人、自信を失いかけている人の背中を押せるようなオーディションを目指す運営。

清水翔太さんを迎えた理由についてもこのように語っています。

10年以上も日本の音楽シーンの最前線で活躍しており、常に新しいクリエイティブを提供することに挑戦してきた清水翔太さんだからこそ、新時代のエンターテインメントグループという視点で審査していただけるのではないか

引用元:Real Sound

新たな事に挑戦し続けるという清水翔太さんの現在の活動が正に評価されての起用だった事が伺えます。

清水翔太 現在 活動 画像

若い頃の大ヒットの裏に様々な苦悩を抱えていた清水翔太さん。

「これが自分の作品」って胸を張れるものがなくて、自分の実体がないような感覚だった。

頑張ってる奴らに正面からぶつかって、コミュニケーションができなかった。

「どうせ俺なんて…」っていう後ろめたさみたいなものがあって。

引用元:ライブドアニュース

しかし自分の本当にやりたい音楽を作成し次第に自信がついてきたと語っています。

そんな心境の変化が現在の様々な活躍やプロデュース業にも繋がっているのだとわかりました。

今後も清水翔太の活動に大注目です!

スポンサーリンク