「窮鼠」の読み方や意味は?映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の理解深まる!?

『窮鼠はチーズの夢を見る』 窮鼠 意味

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』が2020年6月5日に公開されます。

この「窮鼠」という漢字、
読み方や意味が分からないという方が意外と多いようです。

今回は、『窮鼠はチーズの夢を見る』について、

  • 「窮鼠」の読み方や意味
  • 『窮鼠はチーズの夢を見る』の意味

を紹介します!

スポンサーリンク

「窮鼠」の読み方や意味は?

『窮鼠はチーズの夢を見る』 窮鼠 意味5引用元:『窮鼠はチーズの夢を見る』

それでは、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の「窮鼠」の読み方や意味を見ていきましょう。

「窮鼠」の読み方は「きゅうそ」

「窮鼠」は「きゅうそ」と読みます。

「窮鼠猫を嚙む(きゅうそねこをかむ)」
ということわざを聞いたことがあるかもしれませんが、
その「窮鼠」と同じ読み方です。

窮鼠猫を嚙む
どんなに弱い者でも、絶体絶命のピンチになれば強い者に逆襲でき

という意味があります。

「窮鼠」の意味は?

それでは、「窮鼠(きゅうそ)」にはどんな意味があるのでしょうか?

先ほどのことわざ「窮鼠猫を嚙む」で考えてみましょう。

「窮鼠」の意味
敵に追い詰められた状況にあるネズミのこと。

「猫」に追い詰められ、
死ぬ気で戦わなければ死んでしまう!!
という窮地のシチュエーションにいるネズミ(鼠)を表します。

窮地のネズミ(鼠)=窮鼠
なのですね!

スポンサーリンク

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』はどういう意味になるの?

『窮鼠はチーズの夢を見る』 窮鼠 意味引用元:『窮鼠はチーズの夢を見る』

先ほど読み方と意味を紹介した「窮鼠(きゅうそ)」という言葉。

窮鼠を用いた『窮鼠はチーズの夢を見る』とはどういう意味なのでしょうか?

あらすじを考えてみると…

『窮鼠はチーズの夢を見る』 窮鼠 意味4引用元:『窮鼠はチーズの夢を見る』

『窮鼠はチーズの夢を見る』のあらすじの前に、

  • 主人公「恭一」:大倉忠義さん
  • 相手役「今ヶ瀬」:成田凌さん

というキャストを確認しておきますね。

あらすじ

サラリーマンの恭一は大学時代の後輩・今ヶ瀬と7年ぶりに再会。

恭一はこだわりがなく、流されやすいので女性に言い寄られると不倫を繰り返していた。

今ヶ瀬は興信所に勤めており、偶然にも恭一の妻・知佳子に依頼された浮気調査を請け負っていた。

7年前から恭一のことを想っていたという今ヶ瀬に、
不倫の事実を妻に報告しない代償として「貴方のカラダが欲しい」と恭一は要求されてしまう。

というストーリーです。

スポンサーリンク

窮鼠=主人公?

『窮鼠はチーズの夢を見る』 窮鼠 意味2引用元:『窮鼠はチーズの夢を見る』

ネズミにとってのチーズはとても魅力的なものですよね。

あらすじから考えてみると、

  • 窮鼠(きゅうそ)=主人公の恭一
  • チーズ=相手役の今ヶ瀬

という意味ではないかと思われます。

どんどん窮地に追い込まれる恭一(大倉忠義さん)と、
魅力的な存在の今ヶ瀬(成田凌さん)。

『窮鼠はチーズの夢を見る』というタイトルに合わせて考えてみると、
この「夢を見る」という表現や意味も気になってきます…!

どちらにせよ、
この二人がどうなっていくのか、映画の公開が楽しみですね!

スポンサーリンク