宇佐見りんの高校と大学は慶應義塾?1人卒業旅行の衝撃エピソードも!

宇佐見りん 画像

小説家として活動している宇佐見りんさん。

第164回芥川賞を受賞し大学など、どのような経歴を持っているのでしょうか。

そこで今回は、宇佐見りんさんの大学について

  • 大学や専攻について
  • 中学校や高校について
  • 小説家を目指したきっかけ
  • 卒業旅行エピソード
  • 世間の声

を、ご紹介します。

スポンサーリンク

宇佐見りんの出身大学は慶應義塾大学?専攻は?

宇佐見りん 画像

宇佐見りんさんの出身大学や専攻をまとめました。

宇佐見りんの出身大学について

21歳という若さで芥川賞を受賞した宇佐見りんさん。

現役大学生なのか大学を卒業したのか気になりますね。

宇佐見りんさんの大学を調査したところ、詳しい経歴や大学については公表されていませんでした。

しかし、SNSでは宇佐見りんさんの大学は慶応義塾大学だと推測されています。

ネット上に流出している宇佐見りんさんの大学についての情報まとめがこちら。

  1. 現在は大学2年生
  2. 歌舞伎研究会に入っている
  3. 国文学を専攻している

21歳大学2年生で歌舞伎研究会に入っているとなれば、推測される大学も限られてきます。

中でも歌舞伎研究会があるのは以下の大学のみ。

  • 慶應義塾大学
  • 明治大学
  • 立教大学
  • 早稲田大学

宇佐見りんさんの出身地は静岡県ですが現在は神奈川県に住んでいるそうです。

神奈川県内で国文学を学べて歌舞伎研究会がある大学を調査すると慶應義塾大学が浮上。

更には慶應義塾大学に進学し宇佐見りんさんの同級生という方のツイートも発見。

同じ授業を受けたという方のツイートもありました。

その事から宇佐見りんさんの通っている大学は慶應義塾大学ではないかと推測されているようです。

スポンサーリンク

宇佐見りんの専攻科や学部は?

宇佐見りん 画像

宇佐見りんさんはインタビューにて自分の専攻した学部についてこのように話しています。

国文学専攻なのですが、いろいろなことに興味があります。

宗教学、日本の古典、語りについてなど、調べたいことがある。

すごく好きな作家が中上健次。

一番尊敬していて、卒論はまだ決まっていませんが、彼について調べて書いていきたいと思います。

引用元:朝日新聞

文学部の国文学を専攻しているという事が分かりました。

国文学のコースから大学を推測するとやはり慶應義塾大学の線が濃厚のようです。

慶應義塾大学には国文学専攻コースというものがあり、他の大学は日本文学と表記されています。

その事から、宇佐見りんさんの通っている大学は慶應義塾大学説が高くなりますね。

スポンサーリンク

宇佐見りんの出身中学・高校はどこ?

宇佐見りん 画像

宇佐見りんさんの出身中学や高校についてまとめました。

出身中学について

宇佐見りんさんの出身中学について調査したところ、詳しい情報は公開されていませんでした。

現時点で中学校に関して公開されている情報がこちら。

  • 中高一貫の学校
  • 演劇部に入部していた

宇佐見りんさんは現在神奈川県に在住していますが静岡県出身です。

静岡県にある中高一貫の中学校は全部で21校。

しかし、幼少期に静岡県から神奈川県に引っ越しをしたとなれば、神奈川県の中高一貫の学校に入学していることになります。

神奈川県の中高一貫の学校は50校。

宇佐見りんさんの出身中学についてはかなり推測するのが難しそうです。

出身高校について

宇佐見りん 画像

宇佐見りんさんの出身高校についても明らかにされていません。

しかし、ネットではこのような情報が出回っています。

  • 高校では卒業論文を書いた

宇佐見りんさんは中高一貫の学校に通っていました。

静岡県や神奈川県の中高一貫の学校は合わせて71校。

都内にも近い神奈川県に住んでいるとなれば東京の高校に通っていたという可能性もあります。

「演劇部」「中高一貫」「卒論がある」などの条件から考えると

  • 立教高校
  • 慶応高校

などが挙げられます。

卒業論文を書く高校というのが特徴のようです。

詳しい情報が公開されていないためあくまでも推測ですが、宇佐見りんさんは高学歴であることが分かりますね。

スポンサーリンク

宇佐見りんが小説家を目指したきっかけは?1人卒業旅行の衝撃エピソードも!

宇佐見りん 画像

宇佐見りんさんが小説家を目指したきっかけや卒業旅行についてのエピソードをまとめました。

宇佐見りんが小説家を目指したきっかけ

宇佐見りんさんが文字を書くことに目覚めたのは小学校2年生の時。

授業で短い小説を書いたのがきっかけで小説を書くことに夢中になっていったそうです。

そんな宇佐見りんさんの姿を見ていた母親は

小説はあなたのライフワークになるからね

と、幼少期から宇佐見りんさんの生涯を予想したようなアドバイスをしていたと話していました。

文字を書く宇佐見りんさんに母親は小説家としての才能を感じたのかもしれません。

高校に入学してから小説を使った授業も行われるようになり、益々小説家としての一歩を歩み始めます。

高校の先生には中上健次さんの小説を勧められ、その世界観にハマったそうです。

宇佐見りんさんは今でも中上健次さんのファンだと話しています。

小学校で文字を書く楽しさを覚え高校で小説にハマる、小説家としての道をしっかりと歩んでおられますね。

宇佐見りんの卒業旅行エピソード

宇佐見りんさんが文藝賞を受賞した「かか」という小説。

この小説に書かれている和歌山県と三重県は実際に宇佐見りんさんが卒業旅行で訪れた場所だと話しています。

ちょうど卒業のタイミングで、バイトで貯めたお金を使い果たして一人旅を決行しました。

鈍行で行ったので熊野はすごく遠かったです。

仏像やお寺が好きなので奈良にも二泊して、散々巡って本当に楽しかった。

自分にとっての卒業旅行でもあり、「かか」を書くのに必要な旅でもありました。

文藝賞の締切が三月末なので、帰ってきて一気に書きました。

実質一か月半くらいだと思います。

引用元:ブックバン

鈍行で熊野の訪れた宇佐見りんさん。

卒業旅行で見る風景や達成感からかかという小説が生まれたそうです。

1か月で小説を書き終えるなんて信じられませんね。

スポンサーリンク

宇佐見りんの大学や経歴に世間の声

宇佐見りんさんの大学や経歴について世間の声を見ていきましょう。

宇佐見りんさんの学歴に天才という評価が多く上がっています。

芥川賞を受賞した宇佐見りんさんの作品をたくさんの方が絶賛。

今後の宇佐見りんさんの活動も楽しみですね。

スポンサーリンク