ローランドの生い立ち!ホストになった理由や下積み時代が壮絶だった!

ローランド 画像

カリスマホストとしてテレビにも出演している、「ローランドさん」

そんなローランドさんの「生い立ち」「経歴」を調査しました。

  • 幼少期と家族構成
  • 経歴
  • ホストを目指した理由

などを、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

ローランドの生い立ち① 幼少期や家族構成は?

ローランド 画像

引用元:モデルプレス

ローランドさんの家族構成について調査すると、

父・母・妹・弟

ローランドさんを含めると、5人家族という事が分かりました。

ローランドさんの家族の職業を見ていきましょう。

父親:ギターリスト

ローランドさんの父親はギターリストの、「松尾洋一」さんです。

以前ローランドさんが父親に関して

  • 凄い出のミュージシャン
  • スーパーアリーナで父親がライブに出演
  • 偉大な父親

このような投稿をしたことで、松尾洋一さんと発覚しました。

ローランドさんがホストになる際には「猛反対」したそうなのですが、現在は父親のライブに足を運ぶほど仲良しです。

ローランド 画像

引用元:Instagram

そんな父親の松尾洋一さんは、息子のローランドさんに「ポルシェのカイエン」をプレゼントするという、驚愕エピソードが!

ローランド家の財力に慄きますね。

母親

ローランドさんの母親について調査すると、母親の顔写真が公開されていました。

ローランド 画像

引用元:Twitter

ローランドさんの母親の名前は「朱美さん」ですね。

一見してみるとローランドさんは母親似と言うより、父親になのでしょうか。

そんな母親にローランドは、国内のエルメスの在庫を買い占めています。

その理由は

母が他の女と被る事をとても嫌うために、とりあえずプレゼントしたのと同じ物は国内在庫全て買占めて誰も買えないようにするというのが我が家ルール。

毎年高いクリスマスプレゼントです。

引用元:Instagram

母親が他の女と持ち物が被らないように「在庫を買い占める」という手段が、ローランド家のルールのようです。

規模が大きすぎて毎年のクリスマスプレゼントは、数百万を超えているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

妹と弟

ローランドさんの妹と弟の名前は、公開されていません。

しかし弟は都内で「bar」を経営しているらしく、SNSに写真が掲載されていました。

ローランド 弟 画像

引用元:Instagram

昨日は、仕事終わりに弟のBARへ。
昔はあんなに小さかったのに今ではお酒飲んでるなんて…と少し親目線(笑)
………………………………
………………………………
今度は車置いて行って兄弟で初めての飲酒しようかな。

引用元:Instagram

ローランドさんは実際に、弟さんのbarへ足を運んでいるようです。

妹さんはローランドさんと「二卵性の双子」だそうですが、妹さんとは似ていないとのこと。

残念ながら一般人という事で、妹さんや弟さんの顔写真は公開されていませんでした。

プロフィール

ローランド 画像

引用元:Twitter

  • 本名:松尾風雅(まつお ふうが)
  • 活動名:ROLAND(ローランド)
  • 旧活動名:東城誠(とうじょう まこと)
  • 生年月日:1992年7月27日
  • 年齢:27歳(2020年5月現在)
  • 出身地:東京都
  • 出身高校:帝京高校
  • 血液型:AB型
  • 身長:182cm
  • 職業:ホスト/モデル
  • 勤務地:PLATINA本店

え?待って笑
この前YouTubeで歌舞伎町のホストのROLANDって人みたんだけど、風雅じゃん!!笑
びっくりだわ!小学校の頃と全然違ってびっくり!!笑
サッカーの天才チームメイトが有名ホストになってんのは衝撃でしょ笑

引用元:Twitter

ローランドさんの本名は父親が「松尾」であることや、高校のサッカー友達のTwitterから、「松尾風雅さん」だと言われています。

スポンサーリンク

ローランドの生い立ち② 元々はサッカー選手を目指していた!

ローランド 画像

引用元:Twitter

ローランドさんは高校時代、サッカー部に所属していました。

その当時のエピソードなどをご紹介していきます。

サッカーの名門「帝京高校」出身

ローランドさんの出身校は、「帝京高校」という事が分かっています。

帝京高校 画像

引用元:Yahoo!

偏差値は「50~58」で、「野球・サッカー」などのスポーツに力を入れている高校です。

ローランドさん以外にもこの高校の卒業者には、

卒業者

  • 浦田延尚さん:プロサッカー選手
  • 関口訓充さん:プロサッカー選手
  • 丸山良明さん:元サッカー選手
  • 原口文仁さん:プロ野球選手
  • 高島洋平さん:元プロ野球選手

など、プロで活躍している方やその道で有名な名の知れた方が卒業されています。

サッカー選手を諦めた理由

ローランドさんは帝京高校サッカー部で、折り紙付きの選手だったとのこと。

ローランド 画像

引用元:Instagram

サッカーつながりであの有名な「ロナウジーニョさん」とも、フットサル友達です。

そんなサッカー時代を過ごしたローランドさんですが、18歳でホストの道に進んでいます。

なぜ大学でサッカーを続けなかったのでしょうか。

その理由は

この先の人生が見えすぎちゃって。

一般企業に就職して初任給が手取り20万くらいで65歳で定年退職して…。

そういう道しかいけないのかなって思ったときに、ここで勉強する意味あるのかなと。

そういう道を逸れて自分で人生をクリエイトできる人生って楽しいなって。

それで入学して1週間くらいで辞めましたね。

入学式に行ったときに「俺の道はここじゃないな」って気づいて辞めました。

引用元:https://beauty.beaute.tokyo.jp/

先が見えて面白くないと、たった1週間で進学した大学を中退しています。

大学を中退したことで、サッカーの道も諦めたという事でした。

スポンサーリンク

ローランドの生い立ち③ 大学を中退してホストの道へ、下積み時代が壮絶!

ローランド 画像

引用元:モデルプレス

ローランドさんの下積み時代やホストになろうと思った理由を調査しました。

詳しく見ていきましょう。

ホストを目指した理由

ローランドさんは大学中退後父の反対を押し切りながら、「18歳でホストに転身」しました。

ローランドさんがホストになろうと思った理由は、

テレビのドキュメンタリー番組とかで、有名なホストの方の特集とかやってるじゃないですか。

それ見て漠然と「かっこいい仕事だな」って思って。

あとはまぁ、根拠のない自信じゃないですけど、「あ、オレ顔で食ってけるタイプだわ」って思ったんですよね(笑)。

引用元:https://beauty.beaute.tokyo.jp/

と話していました。

その他にも音楽業界に興味があったそうですが、当時「ジャスティン・ビーバー」がブームになっていたため、ジャスティンに任せようと思ったそうですw

下積み時代は月収「1桁」

ローランドさんが18歳からホストを始めた当初、1店舗目は「ゼブラ」と言う店に入店しました。

現在は潰れてしまった為、お店の存在は確認できません。

ゼブラでは下積み時代を過ごし、最初の1年は全く進歩がなかったと話しています。

当時のことをローランドさんは、

オレの方がハイクオリティなものを提供してる自信があったんで。1年間顧客の目が育つのを待ってましたね。

「早く顧客の見る目が育ってくれないかな」

引用元:https://beauty.beaute.tokyo.jp/

自分自身のパフォーマンスに絶対的な「自身」を持っていたことが分かります。

現在は「コンビニは庶民の行くところ」と話していますが、月収1桁時代は頻繁に利用していたとのこと。

他にも現在からは考えられない「ママチャリ」で、通勤していたそうですよ!

芽が出た理由

「1年ほど売れないホスト時代」を過ごしていたローランドさんが売れたきっかけとは一体何でしょう。

ローランド 画像

引用元:モデルプレス

それは初めて指名してくれたお客様が「自信満々なところがかわいいね」と、1か月30万円使ってくれたのがきっかけのようです。

それからは月の売り上げが50万円に上り、急成長を果たしました。

ホストでは1か月の売り上げが「50万円」を超えると、一人前と言われています。

ブログも一丁前のことを書いても

「実際に結果も出してるし、言ってることもそれなりにおもしろいし」

初めて50万円の売り上げを上げるようになってからは、売れが早かったと話していました。

代表取締役になるもクビに

ローランドさんは18歳から務めていたゼブラで、半年「1千万円」の売り上げがありました。

常に1位が当たり前で、

「ナンバー2なりたくてもなれねーわー」

1位になったことでローランドさんは20歳の時に、ゼブラの代表取締役に昇格しています。

しかし当時20歳のローランドさんに、28歳ぐらいの従業員は年下からの指図を受け入れず

「オレら全員クビにするか代表(ローランドさん)をクビにするか選んでください」

と、従業員20人&オーナー&ローランドさんで、話し合いが行われたそうです。

売り上げの良かったローランドさんですが、「じゃあおまえ、辞めてもらっていいかな」とローランドさんが辞めることになりました。

「KG-PRODUCE」に移籍

ゼブラをやめた後、当時立ち上げの話があり

「日本一の店舗にしたい。おまえの力を借りたい」

と言われたのをきっかけに22歳の時に、「KG-PRODUCE」に移籍しました。

当時からグループ自体は有名だったんで「素敵な店なんだろうな」って思ってたら理想と現実のギャップがすごすぎて。

「こいつら全然日本一目指してないな」ってめっちゃムカつきました。

外部からヘッドハンティングされた形で入ったんで、言ったら自分は部外者の形から入るじゃないですか。

そこで嫌われ役やってでも変えないとなって。

引用元:https://beauty.beaute.tokyo.jp/

そう言われ入店したものの、やる気のない店を見て「唖然とした」と話しています。

ローランドさんが入店し約1か月で半数の従業員が辞めてしまい、会長や従業員は頭を悩ませていました。

一方でローランドさんはやる気のない従業員が辞めたことで、プラスに捉えたと言います。

その後店に足りない「知名度」を求めるため、

  • 地上波に出演
  • 多数のテレビ出演
  • コラム作成

タレントとして活動するなど、店の知名度に貢献したそうです。

現在のKG-PRODUCEの評価の高さは、ローランドさんの「礼儀」や「作法」のおかげという事が分かります。

今後もローランド節を炸裂させ、ホスト業界に革命を起こしてほしいですね。

スポンサーリンク