動画|藤井貴彦アナのevery名言コメント集!響く理由は経歴や人柄?

藤井貴彦画像

報道番組「every」で、ニュースキャスターとして活躍している「藤井貴彦さん」

現在コロナ騒動で自粛が続く中、藤井貴彦さんの発言が注目されています。

そこで今回は、藤井貴彦さんの発言や名言について

  • 名言集を時系列紹介
  • 学歴や経歴

などを、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

動画|藤井貴彦アナのevery名言コメント集!

藤井貴彦 画像

引用元:https://www.bing.com/

コロナウイルスで心身ともに疲れている方が多い中、藤井貴彦さんの言葉に感動する方が急増しています。

注目されている藤井貴彦さんの「発言」を、時系列で見ていきましょう。

4月13日:2週間後の未来のために

土日を挟んで検査数が少ない可能性もありますが、

何度もお伝えしていますが、この数字は2週間前の行動が反映されたものです。

2週間後の未来をみんなで作るために、この後も引き続きご協力をお願いします。

週末が終わり週初めに入ると、藤井貴彦さんは自主的に自粛を呼び掛けています。

強い言い方や姿勢ではなく、

「2週間後の未来を作るために」

と、自分たちの為だと語りかけているようですね。

4月14日:命より大切な食事会やパーティはありません。

今日はですね、緊急事態宣言の発表からちょうど1週間になりますので、

ここから先は少しずつ、緊急事態宣言後の

私たちの行動が形となってあらわれてくるころですが、

大切なのはその先です。

2週間後の未来を変えられるように、今日もご協力をお願いします。

命より大切な食事会やパーティはありません。

どうぞ宜しくお願い致します。

緊急事態宣言から習慣がたち、検査結果に期待が持てる時期となりました。

そして藤井貴彦さんも、

「命より大切な食事会やパーティはありません」

と、自分の行動が世界を変えることを発信しておられます。

スポンサーリンク

4月15日:冷たい視線は今すぐ温かい支援に変えなければなりません

私も20年以上富山で働いてきた医師に話を聞きましたが、

今病院で働いているだけで、厳しい目で見られる現実があるそうです。

医療関係者も一人の人間です。

初めて出会う患者の命を必死に救っています。

冷たい視線は今すぐ温かい支援に変えなければなりません。

藤井貴彦さんが言うように、医師も「一人の人間」です。

その前に今現在私たちの命は、医者たちに助けられているのです。

心の「温かみ」を忘れずに、私たちも過ごしていきましょう。

4月16日:医療従事者への心のサポートが今こそ必要です

地域によっては医療従事者が同じマスクを何日も使っている上、

感染した場合は、家族や子供がいじめの対象にもなるそうです。

また、休みをとれたとしても家族への感染を恐れて

別の部屋で過ごしているという事です。

今、命を救う人が孤立をしています。

当たり前だった医療体制への感謝と共に、

医療従事者への心のサポートが今こそ必要です。

医療崩壊が今すぐにでも起きそうな、医療業界。

病院内でのクラスターも発生する中、医師たちは

「自分たちへの感染」

にも注意を測らいながら治療に専念しています。

大阪では医療エプロンの代わりに、「雨合羽」を募集していました。

今後も医療に何か役立てることがあれば、ぜひ協力していきたいです!

スポンサーリンク

4月17日:一言お互いに「ありがとう」

緊急事態宣言出ましてから10日あまりが経過して、

そろそろ私たちの行動が数値に反映されてくるものと思います。

ただ今日の201人という東京の数値は、

過去の感染の数値が、今になって反映されているものです。

過去を変えることは出来ませんが、まだ2週間後の未来を変えることができます。

希望のあるうちに、ぜひご協力をお願いします。

そしてこの週末も、皆様のご協力をお願いします。

この土日デリバリーや宅配業者を利用する方も多いと思いますけれども

受け取る人も、届ける人もそれぞれの不安があると思います。

感染防止を徹底したうえで一言お互いに「ありがとう」と言えたら

ホッとするかもしれません。

沢山のものを我慢して、諦める日々を過ごしていますが、

他人を思いやる心まで失わないでいる事、これが大切です。

重ねてこの土日の皆さんのご協力もどうぞ宜しくお願いします。

藤井貴彦さんは何度も「ご協力を」と、呼びかけています。

この日は週末で若者たちが自粛関係なく、出歩いたりもしていました。

そんな姿を見てなのか、優しく協力を要請しています。

藤井貴彦さんの呼びかけが、若者たちに届く日が来るのでしょうか…。

4月20日:今はみんなの足並みが揃わなくても

緊急事態の宣言を受けて自分を律している人ほど、

観光や遊びに出ている人を腹立たしく思うかもしれません。

しかし、皆さんの様な人たちがいるからこそ、

欧米のような医療崩壊を防げています。

今はみんなの足並みが揃わなくても、

その姿勢は必ず誰かの行動を変えるはずです。

そして、全国にはまだ感染者の少ない地域も多くあります。

不用意に生活エリアを越えた移動をしないこと。

これが誰かのふるさとを守ることに繋がります。

藤井貴彦さんの「腹立たしく」と言う言葉が共感を得て、様々な方の怒りを抑えていました。

確かに自粛している方からすると、出歩いている人は論外ですよね。

しかしきちんと自粛している人ほど「自分の行動が当たり前だ」と思わず、「誇りに思う」考えを持つという事です。

スポンサーリンク

4月21日:お世話になってきたお店への応援

緊急事態宣言を受けてお客さんが激減する中、

お金儲けをしようと思って開けているお店はないと思います。

ですから今大切なのは、生活のために開けているお店への批判ではなく、

お世話になってきたお店への応援ではないでしょうか。

電話1本、LINE1通でも、何が自分にできるか気付けると思います。

自粛要請の限界や矛盾を店主に押し付けないためにも、

皆さんの温かい一言が必要です

自粛宣言を受けて、閉業する店は少なくありません。

事業が傾いたことで、今後開店するかもわからない店もあります。

そして生活のために店を開け、営業しているところもありました。

そんな必死になっている店を見て「批判」するわけではなく、「感謝」をしてほしいとの願いです。

4月22日:新型コロナウイルスをコントロールするのは私たち

今、東京だけではなく全国で感染者数を抑えようと、一人一人が努力を続けています。

今日の努力は2週間後にしか結果はでませんが、逆に言えば2週間後の数値はまだゼロです。

私たちは当たり前のことを続けるだけで、何も難しいことはありません。

新型コロナウイルスをコントロールするのは私たちです。

皆さんのご協力をお願いします。

1人1人んの協力の末、2週間後の感染者「0」を目指す。

そしてその行動を続けることによって、私たちの未来がある。

藤井貴彦さんは当初から、「未来」と「ご協力」を推していることが分かります。

なぜなら、そうすることで少なからず、環境が改善されるからです。

みんなの足並みが揃うように、1人1人の意識を大切にしましょう。

スポンサーリンク

藤井貴彦アナの名言が響く理由は経歴や人柄?

藤井貴彦画像

引用元:https://www.bing.com/

藤井貴彦さんの明言は、なぜ心に響くのか。

それは「人柄」が関係していると、考えました。

そこで藤井貴彦さんの「経歴」「学歴」「人柄」を調査したので、詳しく見ていきましょう。

学歴・経歴

藤井貴彦さんの学歴をまとめると

  • 出身高校:神奈川県立厚木高等学校
  • 出身大学:慶應義塾大学環境情報学部卒業

藤井貴彦さんの最終学歴を見て見ると、超難関大学を卒業していることが分かります。

きっとこの頃には既に、アナウンサーとして活躍するために勉強していたのでしょう。

藤井貴彦さんの経歴をまとめると

  • 1994年に日本テレビ入社
  • 幅広いジャンルの番組を担当
  • 「news every.」メインキャスター就任

藤井貴彦さんは日本テレビに入社してから、様々な番組のキャスターとして活躍してきました。

ニュースの堅いイメージではなく、「柔らかい」バラエティー番組にでも対応できる、応対力を兼ね備えています。

そんな藤井貴彦さんだからこそ後輩アナウンサーからも信頼され、現在まで経歴を培ってきたのですね。

スポンサーリンク

人柄がすごい!

アナウンサーにも「愛称」と言うものがありますが、藤井貴彦さんは「キャプテン」と呼ばれているそうな。

その理由は

ライベートや番組中も共演者にしっかりと気遣いができ、しかも人を惹きつける魅力がある

のが理由のようです。

そのため藤井貴彦さんの周りには常に、人が集まっています。

藤井貴彦さんの人柄の良さが、垣間見えるエピソードですね。

今後はどんな名言や活動を見せてくれるのでしょうか。

出演番組など、注目しておきましょう。

スポンサーリンク