北村弁護士がグッディで正論!吉本興業への指摘内容とは?動画あり

北村弁護士

2019年6月25日放送の『直撃LIVE グッディ!』において、北村晴男弁護士が、吉本興業の契約の問題点をど正論指摘したと話題です。

今回は、北村弁護士がどのような指摘をしたのか、その内容と、番組の視聴者のTwitterの反応を紹介します。

宮迫博之さん、田村亮さんらが関与した詐欺グループへの闇営業事件について、正しい対処はどうすればよかったのかも言及されています。

スポンサーリンク

『グッディ』コメンテーター 北村弁護士のプロフィール

北村弁護士2
  • 北村 晴男(きたむら はるお)
  • 誕生日:1956年3月10日
  • 出身地:長野県更埴市(現・千曲市)
  • 出身校:早稲田大学法学部
  • 職業:弁護士・タレント

まずは簡単に北村弁護士のプロフィールを紹介しました。

今回の闇営業の事件で話題となっている宮迫さんとは、『行列のできる法律相談所』で共演されています。

スポンサーリンク

『グッディ』での北村弁護士の発言とは?動画あり

北村弁護士

『グッディ』で北村弁護士がどのような指摘をしたのか、まずは動画で紹介します。

動画で発言された内容は以下の通りです。

吉本興業は正式に契約書を作っていないので、実際は闇営業を黙認していたのでは?

こう言ったら怒られますけど、吉本興業さんは元々、芸人さんとの間で契約書も作っていないし、そもそも専属マネジメント契約なのかどうかもよくわからない。

契約書上。契約書がないですから。

そういう中で、コンプライアンスの研修はしているけども、本当に「事務所を通さない営業をしちゃいけませんよ」ということをどこまで研修していたか、疑問は大きいです。

というのは、ここまでの話を色々聞いていると、吉本興業は実は「事務所を通さない若手の営業については黙認していたのではないか」と思われるんですよ。

そうでなければこんなに(闇営業が)あるはずがないんですよ。

本当に、少なくとも積極的に止めようとしていなかったんじゃないかという気がしますね。

ここで、サバンナの高橋さんが次のように発言されます。

やっぱり、芸人をやってる人の感覚からしたら、もちろん会社(事務所)を通さない営業は行きたくないし、テレビで成功したいと思ってる。それが大前提としてある。

でも、そうじゃないくらい仕事がなくてお金がないっていう立場の人は、1日1万円のバイト行くぐらいなら、自分たちのネタを必要としてくれる人のところに行って2万円もらいたいっていう感覚の人もいる。

これに対し、北村弁護士は次のように返します。

それについて、後輩芸人が先輩に
「先輩が来てくれないと成立しないから、なんとか来て下さい。ギャラは出せませんけど。」
と言われたら、それは男気出して行ってしまう人もいると思いますよ。

後輩のために、後輩の生活のために。

だって自分(宮迫さんや亮さん)は売れっ子なんですから、お金もらう必要ないんですから。

ここで、司会がサバンナ高橋さんに「本当に(吉本興業との)契約書ってないんですか?」と尋ねると、高橋さんは次のように返答されます。

契約書…(笑)

確かに、24年前に吉本のオーディション受かったときに、1回銀行の口座を書いたの、あれかな?あれではないな(笑)それくらいしか書面を交わすのはないですね。

例えば、印税や、CMなど個別の案件についてはサインすることはありますけど、例えば今日、『グッディ』に出るときにいくらフジテレビからお金もらって、いくら抜かれてて、とかは誰も知らないです。

これに対して北村弁護士は間髪入れずに答えます。

こんなことありえないですよ。

一般的な契約社会ではありえない。ありえないことやってる会社であることは、申し訳ないけど間違いないんです。

そういう会社が、事務所を通さないからといって…

ここでサバンナ高橋さんの「どー聞いたらええねん!(笑)」にかき消されてしまいます。

続いて司会が、次のようにフォローします。

まあ、北村先生がおっしゃってるのは「お金に対してどれぐらい逼迫していたっていうのがその人(芸人)によって違う」っていうことをおっしゃりたいんだと思うんで、

別に吉本興業のやり方がどうのこうのとおっしゃりたいわけではないと理解しますけども。

と述べて話を切り上げました。

スポンサーリンク

詐欺グループへの闇営業事件にはどのように対処すれば良かったのか?

続いて、北村弁護士は今回の闇営業事件について、弁護士という立場で「どのように対処すれば良かったのか」を述べています。

僕は(今回の事件を)危機管理の問題として捉えていますが、今回(闇営業の事件が)発覚しましたよね。

恐らく、皆さん(宮迫さんや亮さんなど11人)の中で(どうやって対応するかを)検討されたんだと思うんですが、第三者の意見を聞いていないと思います。

弁護士という立場から後追いで言うのは大変恐縮ですが、
このケースだったら「ギャラはもらってないけど車代はいくら貰いました(という受け取った金額)」を全部明らかにして、もし犯罪弁護団があれば、そこに「被害弁償に当ててください」とみんな(関わった11人)で金額を倍にして返すとか、そういうことをして最初から説明をして謝罪していれば、何の問題もなく終わった事件だと思います。

そういう検討を自分たちの判断だけでしてしまったことが残念だと思います。

この北村弁護士の意見に、司会を含めるゲスト全員が納得していました。

『行列のできる法律相談所』で共演していた宮迫さんから、少しでも北村弁護士に相談があれば、このようなアドバイスを貰えたのでしょうね…。

『グッディ』の北村弁護士に対しての視聴者の反応

Twitterから視聴者の反応を紹介します。

https://twitter.com/teikoku_senshi/status/1143393299522154496

というのも、吉本興業ホールディングスの主要株主には、

  • フジ・メディア・ホールディングス(約12%)
  • 日本テレビ放送網
  • TBSテレビ、テレビ朝日(各約8%)

など、テレビ各社が名を連ねています。

今回の『グッディ』もフジテレビの番組なので、司会の安藤さんが途中で「吉本興業のやり方がどうのこうのとおっしゃりたいわけではないと理解しますけども。」と吉本興業を必死でフォローしたのも、この背景があったからかもしれませんね。

スポンサーリンク